Blogブログ

めだかの紹介記事や店内の写真、サービスの風景などを更新していきます

リラックスしようとするとできない訳

世田谷梅ヶ丘のドライヘッドスパのお店 目の癒しと眠りの専門店 めだかの夢

リラックスしようとするとできない訳

リラックスってしようと思ってもできませんよね?

リラックスしなくては。。。という気持ちでリラックスできないという訳のわからないスパイラルに陥ります笑

まず大事なのは

・血流を良くすること。

血行が良くなると体が温まり、体の力が抜けてくる効果があります。筋肉が緩むともいいますか。そうすると自然と気持ちも落ち着いてきてリラックスできます。リラックスは自然となっている事が理想的で、考えてなるものでもないように思います。

マッサージなど、何か人にしてもらっている時はリラックスしやすいのはそのためかもしれませんね。

1人で何かしていると余計なことは考えがちだから。

好きなことや楽しい事をしているとリラックスできるというのは、没頭することで余計なことを考えないからかもしれませんね。

眠れない時と同じ

この感じ。眠れない時と同じように思います。

眠れない時もあれやこれや考え出して眠れない事多いですよね?

これが

眠りとリラックスの関係と言われるところなのでしょうか

リラックス=自律神経の副交感神経が優位=眠り

このように考えて良いように思います。

これに基づき

目が疲れているとリラックスできない

という事が多々あります。

これは、眼精疲労から後頭部の筋肉がコリ自律神経の交感神経(副交感神経の逆の性質)が優位になり・ストレスや緊張の状態になりやすくなります。

つまりリラックスしづらい状態なので、眠りづらくなるんですよね。

眼精疲労→緊張・ストレス=副交感神経優位=不眠・浅い眠り

こんな感じ。

なので目を癒す事が良い精神状態(健康)を保つ上で大事無事だと思っています。

眠れることは免疫力も上がると言われています。

ウイルスの予防にも効果的ですよね^^

目の疲れや睡眠不足、イライラでお悩みの方にオススメです

目の癒しと眠りの専門店 めだかの夢

関連記事