Blogブログ

めだかの紹介記事や店内の写真、サービスの風景などを更新していきます

仮眠時間20分が健康に良いわけ

仮眠時間20分が健康に良い?

良く仮眠は15分から20分が適していると言われています。

それはなぜ?

それはずいぶん前にNASAが研究し実践した結果報告があります。

パワーナップの科学的効果を実証したのは、NASA(アメリカ航空宇宙局)。1995年頃からNASA Napsという睡眠研究を行っており、その実証実験では昼に26分間の仮眠で、認知能力が34%、注意力は54%も向上しました。昼下がりに眠気に襲われて、ウトウトした経験は誰しもあると思います。これは昼食で血糖値が急激に上昇するのが原因ですが、もう一つ大きな要因があります。それは生体リズム。人は夜中の午前2〜4時頃、お昼の午後2〜4時頃に眠気のピークが訪れるように体内時計が設定されているのです。つまり、昼下がりに眠気が訪れるのは、いわば自然の理。そのまま仕事を続けても、効率や成果は落ちる一方です。昼間に一時的に睡眠をとり、眠気を解消することは、生理学的にも理にかなっているのです。

※https://www.philips.co.jp/引用

昼寝は夜の3倍の睡眠効果があると言われています。その理由は入眠時に訪れる、深い眠りのノンレム睡眠に秘密がある様です。

ノンレム睡眠の効果

入眠20分ほどで訪れる軽い睡眠程度のノンレム睡眠。この段階で「ステージ2」は、脳内の“キャッシュ・メモリ”がクリアされて、情報を整理・記憶したり、優先順位をつける脳のワーキングメモリが強化されることが明らかになりました。

仮眠30分以上では、深い眠りに入り、寝覚めが悪く、起きてからもボーッとした状態に。

昼寝は20分程度で効果が大幅に上げられることにもなりそうです^^

めだかの夢では、仮眠やノンレム睡眠血ついてもある程度取り込んでおりお客様により一層窓口を広げた形です。

施術を受けて終わった頃には、頭も目も体もスッキリ経回で仮眠のメリットを最大化いたします。

#眼精疲労 #小顔矯正効果 #自立神経

関連記事