Blogブログ

めだかの紹介記事や店内の写真、サービスの風景などを更新していきます

「癒し」眼精疲労リラクゼーション

世田谷区梅丘頭ほぐし。目の癒しと眠りの専門店「めだかの夢」

眼精疲労について

「目が疲れる」「目が痛い」といったことは、誰でもよくあることです。そして、多くの人はその時だけですぐに気にしなくなりますよね。ただし、症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともしばしば。

そのような状態を医学的には「眼精疲労

ただの目の疲れを「眼疲労」

と分けて考えています。

眼精疲労は自然には治らないと言われており

何らかの対策をする必要があります。それこそ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り自然に治ることは難しいでしょう。

不健康な症状が長く続き、その症状がさらに状態を悪化させるという悪循環に陥ります。さらに、目やからだの病気が隠れている可能性もあり得ます。「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、早めに対処するようにした方が良いと考えています。

眼精疲労による体の不調

目の症状

  • 目のかすみ
  • 目の痛み・充血
  • 目が重い・しょぼしょぼする
  • 眩しい
  • 涙が出る

体の症状

  • 肩こり・倦怠感
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気

とはいえ、実は「眼精疲労により体の不調になる」という理由は医学的にまだはっきりしていないそうです。

眼精疲労による不調の原因

参考資料より抜粋すると

直接的な目の原因

・目の病気・・・近視や乱視といった目のピントのずれ

・ドライアイ・・・目の渇き

・緑内障、白内障・・・視野が狭くなる&水晶体の濁り

その他病気による原因

・風邪、インフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯、花粉症、耳、鼻の病気など

目の使い過ぎ

・PCやスマホなどの長時間画面に集中し同じ姿勢を保ちながらストレスを感じる状態。

・睡眠不足

精神的なストレスの過剰な負担

ストレスが強くなり、自律神経の交感神経が優位になりイライラしたり常に緊張状態になることで首回りがガチガチに。それにより睡眠障害になったり精神的に不安定な状態になることで目が休まらず眼精疲労になることも。

負担の蓄積

原因は一つではなく、上記に挙げた原因が複合的に積み重なることが考えられます。現代社会において全てに身に覚えが誰しもあるかと思います。一つの原因では些細な事でも積み重なると負担を感じ精神的にも影響が出て眼精疲労のスパイラルに陥ることが多く考えられます。

 

眼精疲労から目や身体を守るには

目を休ませることが1番だと考えますが、日常的に画面をみる現代においてそれはなかなか難しい。

目を使いながら眼精疲労を予防するには何が1番かというと

リラックスする時間を作ることが最も大事

これは、自律神経からのアプローチ方法です。

長時間の目の酷使→目の疲れ→ストレスにより頭部の血行不良→後頭部のコリ→首回りのコリ→自律神経系交感神経が刺激を受ける→精神的に不安定に→イライラがたまる→眠れなくなる→目が休まらない→ストレスがたまる→最初に戻るのエンドレスループに。

つまり、「首回りのコリ」までで止めておけば精神的な疲労までいかず睡眠もちゃんと取れるでしょう。

そこで止めるには、

「精神的にリラックスし物理的な疲労で抑えること」

がとても大事になると考えています。

そのために私たちがオススメしているのが

頭部の揉みほぐしと睡眠

ここで疲れを止めます。極度の緊張とストレスと物理的な疲労の緩和。

これがループを止めるとても良い方法だと考えています。

私たちはそんなエンドレスループを止めるためのサービスを得意としています。

目の癒しと眠りの専門店「めだかの夢」

眼精疲労や睡眠不足、少しのことでイライラが止まらない方にむけた「頭部の揉みほぐしと超睡眠」であなたの眼精疲労を守ります。定期的に物理的な目の疲れを癒して見ることは生活の活力を生み出します。

お悩みの方、ご相談くださいませ^^

夜ぐっすりと眠れられるようお手伝いさせていただきます。

世田谷区梅丘マッサージ、経堂マッサージ、豪徳寺マッサージ、ドライスパ

LINEからご予約&お問い合わせお持ちしております

友だち追加

関連記事