Blogブログ

めだかの紹介記事や店内の写真、サービスの風景などを更新していきます

頭のマッサージで目の疲れを癒せる?

頭のマッサージで目の疲れを癒せる?

梅丘で頭のマッサージ&ヘッドスパで、目の疲れ、睡眠不足、自律神経を癒す「目の癒しと眠りの専門店」めだかの夢

頭をマッサージすることで目の疲れは取れるのでしょうか?

これは、様々な考え方や色々な意味合いがあります。

頭にある主な目の筋肉

目の周りの主な関係する筋肉としては

眼輪筋」…目の周りの筋

前頭筋」…眉毛からおでこ、前頭部まで広くある筋

が目に関係する表面の筋肉です。

目を凝らしたり、長時間の集中で血行不良で凝り固まったり、眉毛を寄せたり。長時間表情をかえずストレスの負荷をかけたり。その中において負荷がかかりやすい筋肉という認識です

この表面の筋肉という意味は、目の機能に直接関与するものではないからです。

ちなみに、直接的な筋はこちら↓

目の機能に関与する筋肉で主なもの

外眼筋」…目を動かす

毛様体筋」…ピント調節

この2つの筋肉は見る機能のうちかなり重要なものですが、直接触れることはできません。眼球運動などのストレッチで緊張をほぐしていきます。逆に、後頭部の痛みを取りたい時にはここのストレッチを強化すると緩みやすくなるとも言えると思います。

「めだか流」頭のマッサージ

めだかのヘッドマッサージでは、主に眼輪筋、前頭筋を集中的にほぐしていきます。

さらに、関連筋のほぐしとして

「側頭筋」と「後頭下筋」の頭のマッサージ

目に関連する頭の大きな筋

側頭筋」…目にも通じる筋肉ではありますが、主には歯や顎に影響する大きな筋肉です。それによりここが凝ってしまうと頭皮が張りやすいことがあります。

後頭下筋」…目の運動に関連する筋肉と言われている。ここをほぐし筋拡張を施すことで眼球運動が幅広くなることがわかっているようです。

参照:https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2008/0/2008_0_A3P2073/_article/-char/ja/

目の疲れを癒すことにおいて、ポイントになる主な筋肉たちです。

ここを、「めだか流」のほぐし技で施術していくことで目の疲れや、頭の変な痛みなどが癒されていくでしょう

そして、これらの「めだか流」ほぐし技で1番の肝と言えることがあります。

自律神経の不調による「睡眠不足」への癒し

 

そうなんです。ここが「肝」となります。

頭部が凝り固まり、首が固まり、目が痛くて、頭も痛くなると眠れなくなってきます。言い換えれば、眠れなくなってくるから、頭部周辺が凝り固まってくるということでもあります。

これは、自律神経とコリとの関係性に由来すると思っています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で成り立ちます。

交感神経...緊張やストレスといった、戦いや仕事などのモードに入る神経

副交感神経…リラックスする神経

眠れない時は、大抵交感神経の支配が強くなっている状態と言えます。頭が妙に冴えてしまうとか、体に力が入ってしまう、イライラすることを考えてしまう。というような状態です。

そうなんです。交感神経が強く出ると、体が強張って硬くなろうとする性質があるんです。

これに、疲労がたまるとコリに変わり不調となっていきます。

その自律神経が不調になっていく連鎖を断ち切るのが「めだか流」

その負の連鎖を断ち切るために、睡眠にもフォーカスした施術工程になっています。

頭のマッサージ、目のマッサージ、自律神経の癒し。

原因はそれぞれ違いますが、ポイントは同じです。そこを見極めるためのトータル時間表示でもあります。

リラックスいただく方法が「めだか流」でもあるんです^^

お客様にとって1番良い方法で、連鎖を断ち切り毎日を気持ち良く過ごしていただけるように施術させていただいております。

【目の癒しと眠りの専門店】めだかの夢

眼精疲労ヘッドスパ 目のマッサージ 頭のマッサージ 目の疲れ

梅丘でマッサージ&ヘッドスパならめだかの夢へ

ご予約はLINEから

友だち追加

ご予約方法はこちらから

ご予約の方法について

 

 

関連記事